F.C.農縁

「F.C.農縁」は大阪和泉市で無農薬野菜を夫婦2人で営んでいる農園です。

有機野菜を、未来の子供達に届けたい!

こんにちは、『F.C.農縁』の辻晃佑と申します!
少し変わった名前の農園ですが、この名前には想いを込めてます。

F.C.とは、私が大好きなサッカーの「Football Club」、そして未来の子供達という意味で「Future Children」という意味を込めました。
そして農縁の〝縁〟の字は、農業を通じて、いろんな縁を作りたいという想いです。

家族経営の小さな農園ではありますが、タマネギをはじめとした様々な野菜を作っております!

土について考えている3つのこと

身土不二(しんどふじ)から始めた農業なので、特に土には思い入れがあります。
健康な土が健康な野菜に、そして健康な身心につながってると信じて、土を気にかけ、手を入れてます。
①「菌」について
②「循環」について
③「自然に還らないゴミ」について

  • 12/13締切:リモートマイ農家プランA

  • 12/13締切:リモートマイ農家プランB

  • 土作りにこだわった無農薬玉ねぎ2㎏プラン

「リモート マイ農家」というパッケージについて
F.C.農縁では、消費者が生産者と直接繋がることで消費者にとって「行きつけの畑」や「顔なじみの生産者」ができ、作物だけでなく農作業から、そして土や生き物などの自然まであらゆる情報を共有する「マイ農家」という考えをコンセプトに掲げてきました。その取り組みのひとつとして、実際に畑に集まっての就農体験といった取り組みも行ってきました。

しかし、コロナウィルスの影響により畑に集まっての就農体験が難しくなり、そこで考えたのが「リモート マイ農家」でした。

畑に来ての就農体験に変わり、玉ねぎの苗を自宅で植えて、玉ねぎに育つまでを楽しんでいただく過程を「リモート マイ農家」としてパッケージ企画しました。
オンライン会議でのリモートミーティングやInstagramのライブ配信などで、玉ねぎが育つまでの過程を一緒に楽しみながら、育て方などをサポートをさせていただきます!